So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

私立高授業料支援、拡大を検討へ=高校間の競争促進も−橋下大阪知事(時事通信)

 大阪府の橋下徹知事は2日、私立高校の実質授業料無償化を目的に2010年度から府独自に実施する予定の保護者支援について、11年度には年間所得680万円以下の世帯まで拡大する考えを明らかにした。公立、私立を問わず高校全体の競争を促す狙いもあり、結果的に受験者数が減った公立高校は廃止も検討するなどのルールづくりも進めるという。6日の就任2年を前に報道各社とのインタビューで語った。 

【関連ニュース】
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え
ワッハ上方、移転見送り=吉本興業が運営へ
訪問販売、規制強化を検討=橋下大阪知事と会談
伊丹の将来需要見込めず=大阪府知事が意見
伊丹は縮小して存続=前原国交相が関空視察

天皇陛下が風邪の症状(時事通信)
「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止(読売新聞)
<東海道新幹線>新横浜−小田原間で30分間運転見合わせ(毎日新聞)
NYタイムズ「命に関わる問題軽視」 トヨタ、米メディアから「大逆風」(J-CASTニュース)
秋葉原殺傷、きょう第3回公判 証人に遮蔽措置(産経新聞)

<小沢氏資産>不透明さ浮き彫り 陸山会から再取得(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が09年、資金管理団体「陸山会」の所有する東京・南青山のマンションを取得していたことが、8日公開された衆院議員資産等報告書で分かった。取得額は現行制度では報告する必要がないため不明。陸山会所有の不動産は元々、登記簿上は小沢氏の名義となっており、「政治団体による資産形成に当たる」との批判があった。取得額不明のまま小沢氏の資産への移行が続けば批判が一層強まる可能性もあり、陸山会による土地所有の不透明さが改めて浮き彫りになった。

 このマンション(1室36平方メートル、底地8平方メートル)は元々小沢氏が個人の資産にしようと00年12月に売買契約。その後、秘書宅などの必要に迫られ、1年後の01年12月、陸山会に3320万円で売却した。それを昨年6月になって小沢氏が再取得したが、取得額は不明。また、01年に売却した際には、陸山会は登記簿上の土地所有者になれないため小沢氏名義のままで、登記簿上は長期間にわたり小沢氏が所有し続けているようになっている。

 陸山会は現在、小沢氏名義のこうした資産を7件、約8億円分所有している。

<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
ジョン・レノン ミュージアム閉館へ 契約満了 さいたま(毎日新聞)
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞)
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。