So-net無料ブログ作成

タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)

 北九州市小倉南区合馬の「合馬観光たけのこ園」でタケノコの収穫がピークを迎え、タケノコ掘りを楽しむ観光客の姿が見られる。

 赤土に生える合馬のタケノコは柔らかくてアクが少なく、豊かな風味が特徴。同園によると、昨年は台風に見舞われることなく適度な雨量があったため、今年は大豊作という。

 北九州市八幡西区から来た安川洋斗君(11)は、地面から突き出たタケノコを見つけては、父洋行さん(38)と一緒に掘り出してうれしそうな表情。「掘るのは楽しいし、タケノコご飯もとてもおいしい」と話していた。

 開園時間は午前9時から午後4時。入園料は大人300円、小学生以下150円。掘ったタケノコは買い上げ制。5月5日まで。【加古信志】

【関連ニュース】
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
タケノコ狩り:親子連れら歓声 浜松で最盛期 /静岡
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川
タケノコ掘り:親子連れら250人参加−−和歌山・四季の郷公園 /和歌山
タケノコ:中津川で出荷始まる /岐阜

警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
イチネンHD、黒田会長が退任へ(レスポンス)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)
到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)

“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)

 「最後の大物仕手筋」と呼ばれ、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で公判中だった投資アドバイザー、西田晴夫(はれお)被告(60)について、大阪地裁(樋口裕晃裁判長)が公訴棄却を決定していたことが15日、分かった。関係者によると、西田被告は脳梗塞(こうそく)を患って入院中で、大阪地検が訴訟能力がないと判断し、地裁に公訴取り消しを求めたとみられる。

 決定は9日付。西田元被告は平成14年11〜12月、ジャスダック上場の旧南野建設(現A・Cホールディングス)をめぐり、売り注文と買い注文を同時に出す仮装売買で株価をつり上げ、差額利益約3億8千万円を得たなどとして大阪地検特捜部に逮捕、起訴された。

 19年12月の初公判で西田元被告は起訴内容を認めたが、その後体調を崩し、公判は停止されていた。共犯の会社役員(54)と古物商(62)はいずれも執行猶予付き有罪判決が確定している。

 西田元被告は大阪府守口市職員から投資家に転身。仕手戦で扱う株は「N銘柄」とささやかれ「電話一本で億の金が動く」と言われたほか、音楽プロデューサーの小室哲哉氏をめぐる詐欺事件でも背景の高利融資に関与が取りざたされた。

【関連記事】
無登録で投資勧誘の疑いで3人を逮捕 避妊具自販機の設置で 岐阜県警
インサイダー取引で3被告に有罪
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”

<愛知5人殺傷>県の機関や警察の助言でネット停止(毎日新聞)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
低温情報14年ぶり…寒い予想、広い範囲で(読売新聞)
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)

「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相主催の「桜を見る会」が17日午前、東京都内の新宿御苑で開かれた。首相は招待客を前に「現在、厳しい状況を迎えている。しかし、改革の志、時計の針を大きく前に前に進めさせてほしい。新しい時代にふさわしい桜の花を咲かせたい」とあいさつ。米軍普天間飛行場移設問題が迷走し、内閣支持率の下落が続く中で、反転攻勢への決意を語った。
 この日は、真冬並みの寒さで雨にたたられたが、政財界や芸能界を含め約1万人が集まった。首相は一般参加者と握手しながら、約1時間半、八重桜が咲く苑内を見て回り、女優の菊川怜さんや大相撲の把瑠都関らとの記念写真に納まった。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
とらのあな×Tonyのビキニ少女フィギュア第2弾が発売! 脱衣可能
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)
1歳男児が変死=母が119番−大阪(時事通信)
教会に消火器連続?投げ込み事件…50件以上も(読売新聞)

<薬師寺>国宝・東塔の内陣公開始まる(毎日新聞)

 奈良市の薬師寺で8日、解体修理される東塔(国宝)の内陣公開が始まった。これまで毎月8日だけだったが、初めて10月31日までの約7カ月間の長期にわたって一般公開する。朝から多くの参拝客が訪れ、奈良時代の創建当初から残る天井画などに見入った。

 午前11時から、東塔前で開扉法要が営まれ、同寺の僧が読経した。初層の天井板には、空想上の花「宝相華(ほうそうげ)」が描かれており、赤や緑の文様が残る。公開中は天井が映るように鏡を設置して見やすくした。

 東塔は約110年ぶりの解体修理に向けた調査が3月に終わり、覆い屋が取り外された。11月以降は再び覆われ、本格的な解体が始まるため、外観、内陣とも見られなくなる。公開は午前8時半〜午後4時半。問い合わせは同寺(0742・33・6001)。【花澤茂人】

【関連ニュース】
<関連写真>日本の世界遺産 姫路城や平等院鳳凰堂など
<関連写真>世界遺産登録への取り組みがある日本の主な産業遺産
花会式:幸せ祈る声明響く 奈良・薬師寺で始まる /奈良
薬師寺:東塔の相輪8.6センチ傾く 長年の風が影響? /奈良

兜町のカード決済代行会社強盗、容疑の男3人逮捕(産経新聞)
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う−大阪府警(時事通信)
AMD 890GX搭載のMicroATXマザーが初登場! MSI「890GXM-G65」発売
宇宙飛行士、山崎さん出発 母校に150人 「フレッフレッ直子」大歓声(産経新聞)
日本三大桜 満開、樹齢1500年 岐阜・本巣(毎日新聞)

<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)

 【鹿児島】民俗学者、宮本常一の「忘れられた日本人」の英訳本を、母国・米国で出版した南九州市川辺町の土喰(つちくれ)集落に住むジェフリー・アイリッシュさん(49)が31日、鹿児島市内で会見し、翻訳の動機や裏話を語った。「日本の生活を知る英訳本は海外で少ない。米国と日本の田舎生活には共通点も多く、本を通じて互いの理解を深めてほしい」と話す。

 ジェフリーさんは、ノンフィクションライターで民俗学研究者。大学時代から日本文化に興味を持ち、日本企業に就職。米国現地法人の副社長も務めた。90年に来日し、甑島(薩摩川内市)で漁師生活。98年から土喰集落に住んでいる。

 英訳本の出版は、知人から全国の辺境を歩き回って生活史を記録した同著を読むように勧められたことがきっかけ。「土喰で生活していた私には、身近で共感できた」という。ジェフリーさん自身、それまでドキュメンタリー番組や部分的な英訳の経験はあったが、本格的な本の翻訳は初めてだったという。

 最も苦労したのは、日本文化の解説。「言葉の訳は難しくない。ただ『万歳』とか、漠然とした意味は分かるけど海外の人が分かるように説明しないといけない」。巻末には「EDO」や「EBISU」など約200語の説明文を添えた。また、文中でも文化的な意味を随時補足。「不安な時は集落の人に確認した。集落の協力があったからできた」と感謝する。

 出版本は母校ハーバード大の教授から授業に使いたい、と打診があった。ジェフリーさんは「それだけ日本の生活を書いた英訳本が少ないということ」と謙そんする。英語学習の教材としても使えそうで、日本文化を再認識するため「日本語版もぜひ読んで」と話した。【川島紘一】

園田氏、新党結成へ決意(時事通信)
リストラ恨み元役員方の自動車放火 容疑で元社員を再逮捕(産経新聞)
介護有資格者が競う全国大会、11月に開催(医療介護CBニュース)
自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)
自民が臨時役員会(時事通信)

独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新相は29日午後、都内で記者会見し、4月に始める事業仕分け第2弾で対象となる独立行政法人(独法)について、「独法通則法廃止をゴールにしたい」と述べ、仕分け結果を踏まえ、現行制度の廃止を目指す考えを明らかにした。
 枝野氏は独法制度について「失敗だった。あまりにも性格の違う各種の仕事を(独法を定める)通則法という一つのルールの中で動かそうとしているので、合理的な制度運営になっていない」と指摘。
 その上で「今の独法を大幅に再編して、今の形の外郭団体もあるだろうし、違う法人形態もあるだろう。役所の外局、付属機関みたいな形でやった方が効率的な部分もあるのではないか」と述べ、新たな法人形態の在り方を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

官民の人事交流を促進=鳩山首相(時事通信)
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞)
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ−長官銃撃(時事通信)
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い−千葉(時事通信)
元次官宅連続襲撃 小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。