So-net無料ブログ作成

スキー事故、高崎市課長死亡=コース移動中に転落−長野(時事通信)

 17日午後2時30分ごろ、長野県上田市の菅平高原スキー場の林間コースで、群馬県高崎市下水道局整備課長・室岡敏幸さん(58)=同市下小鳥町=が転落し、立ち木に衝突した。病院に運ばれたが、胸を強く打っており、死亡が確認された。
 長野県警上田署によると、室岡さんは日帰りの予定で職場の友人3人とスキーに来ていた。つばくろゲレンデから大松山ゲレンデの林間コースをスキーで移動していた際にバランスを崩し、谷側に約5〜6メートル転落し、立ち木の幹に衝突した。現地は快晴だったという。
 室岡さんはスキー歴30年以上で、指導員の資格も持っていたという。 

【関連ニュース】
9階から高1男子転落死=那覇
川に車転落、祖父と孫娘死亡=中学の朝練に送る途中
海に車転落、家族3人死亡=高3長男も軽傷
小6男児、ため池に落ち死亡=山梨
ビルでフォークリフト転落=作業員の男性死亡

自治体の「25%削減」支援=地域ぐるみで温暖化対策−環境省(時事通信)
<与那国町長>陸自部隊配備を要望 防衛相「検討課題」(毎日新聞)
<チッソ>社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意(毎日新聞)
大学生の就職内定73%、2年連続前年下回る(読売新聞)
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件−県警(時事通信)

敦賀原発、監視装置の電源入れ忘れ1年半(読売新聞)

 日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県敦賀市明神町)で、1次冷却水循環ポンプの作動監視装置全12台の電源が切れていたことが昨年12月に発覚した問題で、原電は8日、電源を入れ忘れた単純ミスが原因で、2008年7月から動作不能の状態になっていたとみられると発表した。

 原電によると、同年6月の点検で電源が入っていることを確認。約10日後の7月、原子炉などの作動を確認する試験のため電源を切った。試験後に電源を入れ直すことになっていたが、実際には入れ忘れていたとみられる。原電は再発防止のため、電源が切れていると警報を発信するよう、電子回路を改良する。

 原電はこのほか、同機と敦賀1号機で今月6日、雨水を流す配管からの水漏れなど、2件のトラブルが見つかっていたことも発表した。いずれも周辺環境への影響はないという。

【変貌する街】八王子 41階高層ビル 文化発信の核に(産経新聞)
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた(産経新聞)
<阪神大震災>直後の写真、消防が公開 800点展示へ(毎日新聞)
大阪・羽曳野射殺 「銃刀法検証も」 警察庁長官(産経新聞)
京都市消防局職員を逮捕=公然わいせつ容疑−府警(時事通信)

小沢氏の会見は「一転低姿勢」に なぜ?検察批判も封印(産経新聞)

 政治とカネをめぐる疑惑をどう語るかが注目された民主党の小沢一郎幹事長の12日の記者会見は、具体的な説明がなく、約20分間で打ち切るなど「小沢流」だったが、声を荒らげる場面はなく、丁寧な口調で国民に謝罪するなど意外なほどの低姿勢ぶりが目立った。

 昨年の会見などで繰り広げていた検察当局への批判も影を潜めた。「こじつけたような理由で検察権力を発動したのは政治的にも法律的にも公正を欠く」(平成21年3月4日会見)、「なぜ僕の事務所だけ強制捜査されたんだ。公平公正な権力の使用をしなくてはならない」(同年12月21日テレビ収録)と語ったことを考えると、12日の「検察当局はすべてご存じだ」という口ぶりは奇妙だ。

 小沢氏の変貌(へんぼう)ぶりに永田町では「追いつめられているのか、それとも、すでに検察側と取引をしているのか」(民主党関係者)と憶測が飛び交い始めた。

 昨年12月には首相就任を「拒む必要はない」(同テレビ収録)と語った小沢氏は、12日は「なる資格はない」と神妙。それでも民主党内からは「検察との手打ちのためか」(若手)、「闇将軍宣言?」(中堅)との声が出ていた。

【関連記事】
【小沢会見】土地購入問題「個別のことを申し上げることは差し控える」
首相や民団が外国人参政権で「推進大合唱」 原口総務相は慎重姿勢も
小沢氏が政治資金問題を陳謝 「違法行為はない」と弁明も
「理屈通らない小沢理論」帰化促進にはならず 外国人参政権
小沢幹事長に暴漢 「山形帰れ」? 若い男を拘束 JR高崎駅

l9vmsrhcのブログ
バスガイドのまたーりぶろぐ
2ショットチャット
自己破産
ショッピング枠現金化

インフル定点報告、4週連続で減少―10週ぶり20未満に(医療介護CBニュース)

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、昨年12月21-27日の週は19.63で、前週より2.81ポイント減ったことが1月7日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。定点当たり報告数が20を下回ったのは、10月12-18日の週以来10週ぶり。定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は、前週より7万人減の約100万人。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】


 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、宮崎(44.54)が最も多く、次いで沖縄(43.40)、福島(33.99)、福井(33.94)、鹿児島(33.65)などの順=表=。宮崎、沖縄、鹿児島などを除く38都道府県で前週よりも減少した。20を超えたのは前週より10県減の27県で、30を超えたのは2県減の7県だった。

 警報レベルを超えているのは401保健所(47都道府県)で、前週より22保健所減った。注意報レベルのみを超えているのは8保健所減の48保健所(26都道府県)。


【関連記事】
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
インフル定点報告、3週連続で減少
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
新型インフル、感染も2割は無症状―大阪で血清疫学研究

けんいちのブログ
薬剤師のまたーりぶろぐ
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化

<山の事故>南ア・北岳に単独登山 兵庫の男性、連絡取れず(毎日新聞)

 山梨県警南アルプス署は8日、南アルプス北岳(標高3193メートル)に単独で登山に向かったとみられる兵庫県在住の男性(36)が昨年12月30日以降、連絡が取れなくなっていると発表した。男性が遭難した可能性もあるとみて、登山ルートなどを確認している。

 同署によると、6日午後7時半ごろ、男性の家族から県警本部に通報があった。家族の説明によると、昨年12月29日深夜にメールで「今から北岳に登る。1月1日にアタックします」との連絡があったが、その後連絡がなく、携帯電話もつながらないという。【山口香織】

さかきのブログ
f7vnqek2のブログ
アフィリエイト ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較

龍馬ゆかりの「いろは丸」、鞆の浦で就航(読売新聞)

 坂本龍馬率いる海援隊が乗った蒸気船「いろは丸」がモデルの広島県福山市営渡船「平成いろは丸」(19トン、定員99人)が9日、同市の景勝地・鞆(とも)の浦で就航した。

 いろは丸は、幕末の1867年、鞆の浦沖で紀州藩の軍艦と衝突、沈没した。龍馬は賠償金交渉で鞆の浦に滞在。同市が約8000万円で“復活”させた船内には、龍馬直筆の手紙の写真などを展示している。

 この日は、歴史ファンらが700メートル沖合の仙酔(せんすい)島までの初航海を楽しんだ。龍馬にふんした仙酔島の国民宿舎職員、平田訓之さん(30)は「渡船は沈没しないので、ゆったり観光を楽しんでほしいぜよ」とPRした。

2000年入社の会
大歩危小歩危
競馬情報
クレジットカード現金化 即日
クレジットカードのショッピング枠を現金化

<通常国会>18日召集を与野党とも了承 普天間など論戦へ(毎日新聞)

 政府は7日、衆参両院の議院運営委員会理事会で通常国会を18日に召集する方針を提示し、与野党とも了承した。会期は6月16日までの150日間。野党は米軍普天間飛行場移設問題や、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を巡って攻勢を強める構え。一方、藤井裕久前財務相の辞任が影を落とす政府・与党は、09年度第2次補正予算案と10年度予算案の年度内成立に全力を挙げる。

 与党は19日に衆院本会議、20日に参院本会議で2次補正に対する各党代表質問を行い、28日にも成立させる日程を描く。しかし、自民党は7日の衆院議運委理事会で、新任の菅直人副総理兼財務相がまず財務金融委員会で所信表明するよう提案。早くもさや当てが始まっている。

 通常国会に照準を合わせて政治資金問題を調査してきた自民党は7日、首相の実母や小沢氏、藤井氏ら16人の参考人招致リストを作成した。谷垣禎一総裁は記者会見で「野党が解明する気迫を失ったら存在意義がない」と強調。大島理森幹事長も、東京地検特捜部による任意の事情聴取が取りざたされる小沢氏を「政権与党の一番の実力者と言われるのだから、説明する責任がある」と批判した。

 共産党も穀田恵二国対委員長が7日の与野党国対委員長会談で「『政治とカネ』の問題を明らかにする国会にすべきだ」と指摘した。

 勢いづく野党に対し政府・民主党は警戒を強めている。

 首相は7日夜、偽装献金問題について、首相官邸で記者団に「昨年末、検察の捜査が終了して処分が下されたので、私は必要ないと思う」と述べ、参考人招致要求に反論した。

 同党の山岡賢次国対委員長は記者団に「国会をワイドショー化したくない」と語り、野党をけん制した。ただ、「国民が納得できる説明責任を果たしてほしい」(重野安正社民党幹事長)との与党内の声に配慮を欠けば、連立政権の火種になりかねない。

 予算審議の中心となる菅氏の手腕も未知数だ。自民党幹部は「菅さんはすぐキレるから御しやすい。攻めどころだ」と手ぐすねを引く。政府・与党は数々の不安要素を抱え、審議の先行きを見通せていない。【近藤大介、木下訓明】

【関連ニュース】
国会:18日召集 政府が方針提示
鳩山首相:10年度予算案の早期成立強調 新年互礼会で
北沢防衛相:普天間の決着時期、5月前にも
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務
藤井財務相:辞任へ 政権に痛手

終わりなき旅
センティネルズ
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
クレジットカード現金化

成果上げる病院訪問ボランティア―進化する患者会(中)(医療介護CBニュース)

 がんに苦しむ患者にとって、医療者だけでなく、同じような体験をした先輩患者が相談相手になってくれたらどんなに心強いだろう。乳がん患者のサポートや早期発見啓発運動などを行っている「あけぼの会」(東京都目黒区、会員数4000人)は、乳がん手術を受けて入院中の患者を手術体験者が訪問して、不安や疑問に答えたり、退院後の生活に必要な情報提供を行ったりする「病院訪問ボランティア」(あけぼの・ブレスト・キャンサー・サポート・サービス=ABCSS)を1994年3月から実施している。

【複数の写真や図表の入った記事詳細】


 富樫美佐子副会長も、ABCSSに魅かれて「あけぼの会」の活動に本格的にかかわるようになった。富樫さんは99年10月、44歳の時に乳がんの手術を受けた。「傷痕が痛いのはもちろん、胸に鉄板を入れられたような感覚があった。リンパ節を切除したため、利き腕にも違和感があった。これからどうなるのだろうと不安で、経験者がどのようにしているか気になっていた」と当時を振り返る。「ABCSSのことを知り、思わず電話をかけた。翌年1月の集会に招かれ、100人余りの乳がん手術経験者を目の当たりにして、術後5年、10年以上の方たちの元気な姿に感激した」という。

■588人の訪問実績

 乳がんの罹患者は年々増加している。特に40―50代、子どもが高校、大学に通って教育費が最もかかる時期、あるいは親の介護が必要となる時期に重なる。早期発見・早期治療はもちろん、罹患者に対しては精神面からの支えも重要になる。「ABCSSの第一の目的は、先輩患者が普通に元気に生活している姿を見せること。患者さんの不安はかなり小さくなり、治療を素直に受け入れられるのではないかと思う。スムーズに通常の生活に戻る助けにもなる」と富樫さんは語る。

 ABCSSは、病院側の協力を得た「公的訪問」であり、「個人的訪問」ではない。富樫さんは「病院側から受け入れ態勢を取りますと言われなければ、わたしたちは行くことができない」と説明する。その受け入れ病院数は、ABCSSのスタートから16年で11都府県の14施設にとどまっているのが実情だ。

 ABCSSのボランティアメンバー(相談員)の資格要件は、▽乳がん体験者であけぼの会会員、術後1年以上▽所定の研修を受けて、現在健全な社会生活を営んでいる▽思いやりがあり、思慮深く、自分の体験を社会のために生かしたいと考える、勇気ある女性たち―の3点。テキストに沿って「医学的な質問には答えない」「自分の病歴と比較しない」「訪問した患者さんのプライバシーを守る」ことなどを確認。さらに、ロールプレイや訪問後のレポート作成などの十分なトレーニングを受ける。現在110人体制で、08年には588人の患者訪問実績を残した。

 受け入れ病院や患者の反応は「同じ経験をされた方だからこそ分かる思いがあり、医療スタッフの対応だけでは十分ではないこともあると思う」(看護師)、「相談員の明るく元気な姿を見て、わたしも大丈夫と勇気づけられた」(患者)など好意的だ。
 
 それにもかかわらず、受け入れ病院数が伸びないのは、医療に患者会がかかわることを煩わしいと感じる医療者が多いからだろうか。あるいは患者のプライバー保護の観点から慎重にならざるを得ないのかもしれない。患者会が、チーム医療の一翼を担うまで進化するためには、医療者との強い信頼関係を築き上げていくことが必要だ。


【関連記事】
排泄障害を乗り越えよう―進化する患者会(上)
「疾患が生活の中にあるということを理解してほしい」
患者団体が「医学の教科書」を発刊
「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相
乳がん啓発へ医療現場があの手この手

花のある生活
よしいちのブログ
ネイルサロン
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較

西成の看護師殺人未遂事件 迫る時効 追う夫 犯人に懸賞金 妻介助の15年(産経新聞)

 大阪市西成区で平成7年に発生した女性看護師殺人未遂事件の公訴時効が、今月25日に迫っている。被害者(49)の夫、林良平さん(56)は妻を支えながら、時効撤廃や被害者の権利確立を求めてきた。「なぜ被害者が苦しまなければならないのか」「犯人の逃げ得は許さない」。時効を前に、林さんはこれまでの苦悩と新たな決意を語った。

 事件が起きたのは阪神大震災の8日後にあたる平成7年1月25日午後5時15分ごろ、大阪市西成区の生活困窮者向けの医療施設「大阪社会医療センター」前で、センターの看護師だった林さんの妻が背後から男に包丁で腰を刺され、重傷を負った。

 前日は次男の6歳の誕生日。ケーキでお祝いをしたところだった。「残ったケーキを食べさせなあかんな」。子供たちのことを考えながら家路を急ぐ途中の悲劇だった。

 1週間以上も意識が戻らなかったが、何とか命は取り留めた。リハビリで一時は順調に回復しているようにも見えたが後遺症は予想以上に重かった。

 事件から2、3年後のある日、兵庫県尼崎市内のリハビリ先の病院から妻がなかなか帰ってこないことがあった。普段なら夕方には帰ってくるはずなのに、家についたのは午後10時。痛みのため駅などで休み休み帰宅したからだった。

 体調は回復せず、思うように歩けない。自宅前の4車線道路では、横断途中で赤信号に変わってしまうこともあった。夫婦はリハビリは中断し、治療に専念することを決めた。今も車いすと介助なしでは外出できない状態が続いている。

 「夢も希望もない。死にたい」。時にはこんな言葉まで漏らす妻を励まし15年。事件当時に営んでいた鍼(しん)灸(きゆう)院は閉じ、収入は半減した。

 一方、入院は計250日を超え、支払った治療費は約300万円にのぼる。すべて自己負担だ。

 「何も悪いことをしていないのに、なぜこんな負担を強いられるのか」。林さんは、別の事件の犯罪被害者や遺族らと連絡を取って、平成12年に「全国犯罪被害者の会(あすの会)」を設立した。「おれみたいな人間が動いても社会は動いてくれないと思ったが、いろんな人と一緒にやれて少しずつ動いているという実感はある」。昨年1月には、犯人逮捕につながる有力情報に300万円の私的懸賞金もかけた。

 西成署は逃走する男の写真を公開して情報を求めているが捜査は難航しているという。男は身長約175センチの中肉で紺色の防寒着を着用していた。

 「とにかく犯人逮捕が一番。これからも時効の撤廃を訴え続け、逃げ得は絶対に許さない」と林さん。一昨年からは被害者や遺族が被告人に直接質問できる「被害者参加制度」も始まった。林さんは犯人が捕まれば、法廷でこう問いかけたいと思っている。

 「なんでうちの嫁さんを刺したのか」

 情報提供は西成署(TEL06・6648・1234)へ。

アグレッシブ
こんな歯科医は嫌だ!
現金化口コミ
競馬サイト
無料ホームページ

同僚ホストをトイレに縛り付け猿ぐつわ 逮捕監禁容疑などで男3人逮捕 東京・上野(産経新聞)

 同僚の男性(22)を暴行して現金を奪い、アパートに監禁したとして、警視庁上野署は強盗致傷と逮捕監禁の疑いで、ホストクラブに勤務する藤田大輔容疑者(23)=台東区台東=らホスト3人を逮捕した。

 同署によると、3人と男性は店の寮として使われているアパートで同居。藤田容疑者ら2人は「逃げた奴に制裁を加えたが、金は賭けマージャンの勝ち分を返してもらっただけ」などと容疑の一部を否認、1人は認めているという。

 捜査関係者によると、男性は下着姿で便器に粘着テープで縛り付けられたほか、両足の親指を結束バンドで縛られ、猿ぐつわをかまされた状態で監禁されていたという。3人が出勤したすきに自力で猿ぐつわを外し、粘着テープをかみ切るなどして脱出。近くの交番に助けを求めた。

 逮捕容疑は12月15日午後0時半ごろ、豊島区南池袋の路上で男性を連れ去り、アパートで午後5時15分ごろまで監禁した上、暴行を加えて軽傷を負わせ、現金約13万円を奪ったとしている。

 同署によると、男性は「酒が弱くて接客中に店で寝てしまうため、(制裁として)アパートでよく殴られていた」と説明。事件前日にアパートから逃げ出していたという。

【関連記事】
「精神的苦痛の代償」男子短大生を監禁、暴行 巡査ら容疑で逮捕
麻薬密売人を拉致し警察署前に放置 3組員を逮捕 警視庁
テレクラで出会った男性監禁 少女ら2人逮捕
監禁容疑で松葉会系組幹部ら8人逮捕 被害男性は7時間後死亡
18年間監禁された女性の写真を公開 米誌

sadaoカンタービレ
キラ王国
競馬情報
クレジットカード現金化
ライブチャット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。